ほにゃブロ。

猫みたいな何かがほにゃほにゃするブログ。

それぞれのカルマが解消されていた。

それぞれのカルマが解消されていた。
 
私は何か勘違いをしていたのかもしれない。
私の中の何かが、私の過去とは私は決別して、私ばかりがみんなと違って前へ進んでいると、そんなことを思っていた。心の中で馬鹿にしていただけだった、家族を。そんな自分がとても恥ずかしくなった。
私の中の辛さも、家族の中にある辛さも、それぞれ存在していて、それぞれがそれぞれにあった克服をしている。なるべくしてなったのか、それとも、そういう星回り、運命というのか。本当がどちらなのかはわからない。
 
でも、どちらだとしても、家族が前向きに進んでいること、楽しく暮らしていることを見るのは嬉しかった。一番驚いたのは、私の兄だ。私の兄は10年ほど引きこもりをしていた。しかし、本日久しぶりにあったら、普通にコミュニケーションがとれているし、なんだか全く別人になったようだった。昔は生気がなかったが、今は気が満々だった。そうなのだ、変わっているのは私だけではない、彼だって大きく変わっていた。私のこの目は、私が見たいものが見える。見たくないものは見えない。それが人間だ。本日見えたこと、それは、前向きに生きている兄だった。
 
私が学生時代、彼が部屋から閉じこもって出てこない時、それはそれは心配だった。彼は一体どうなってしまうのだろう、そんなことしていてはダメだよ、外へ出ようよ・・・と。当時の私の目には、突如おかしくなった兄しか見えていなかった。そして、少し前までの私は、まだ過去の兄の記憶が強かった。思い出す時だって、過去の兄だった。でもそれは、私の中にしか存在しない空想だったのだ。
 
過去の兄のあの時は、彼にとって必要なステップだったのだろうと、今だからこそ感じる。
 
なぜ、私たち家族はバラバラだったのか。それは、お互いがお互いに愛情不足だったから。見て欲しい、かまってほしい、愛して欲しい、、破壊的行動に陥ってしまうほどの強い感情、大きな赤ん坊がたくさん存在した。誰が何のために、誰がその発端なのか・・・それはわからない。しかし、自分がそうしたいと思うがままに生きられていれさえすれば、それはもはや自由だ。
愛されないと、全てが憎くなる。しかし、一番憎いのは自分だったのだ。自分が憎くて憎くて堪らなかった。
 
私はもう少し、自分を省みたいと思う。
いつだって過去は乗り越えることができる。
私を甚振った母も、家庭を省みなかった父も、彼らなりの願望に基づいて今まで生きてきたのだろう。そう慮ることが、多少なりともでき始めたのかもしれない。
 
人を恨んで、憎んで、それで終わり。それもいい。しかし、自分を苦しめるだけなのだ。人を憎むとはつまり、自分を憎んでいることと同じなのだ。