読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほにゃブロ。

猫みたいな何かがほにゃほにゃするブログ。

本当に、求めているものって。

少しお久しぶりです。honyaです。

 

目の前の相手が何を求めているのか。

興味をもっていると、見えてくる物があるのですが。

それって所謂、直感。

だから、人によっては信じないのかもしれないけれど

意外と、人は自分自身の望みについて理解していないような気がしました

それは、私自身も。

 

自己分析、巷でよくある診断テストとか、結構好きで良くやります。

でも、どちらかというとそれは「ある側面」に過ぎなくて

今の自分がどうありたいかによって、見ている側面に過ぎなくて

結局は自分の想い、もしくは他人から言われた想い、でできているわけで

それがその人の全てではないなぁ、とよく思います。

その時の感情や状況によって、だいぶ左右されるしね。

 

 

今日は、会社の人たちと飲みに行って、そのあとプライベートな話を色々聞いてたりしてたのですが、

それは今付き合ってる人とこういった喧嘩をした、だとか

自分は今の会社の管理職はここがだめ、だとか

そんなような話でした

でもその想いって、もっと根本的な何かがあったりするものです

みんな、それぞれ自分の「目的」をもって生きているのです

 

 

その「目的」が違うから、人々は相反するのでしょう

相手の思考回路が理解出来ない?それはそうです

物質世界にいる私たちは、体を介して思考しているから

脳を介して理解しているから

タイムラグや意思疎通のズレがうまれます

 

たまにテレパシー的な、空気で察することって、よくありますよね

(ない人も中にはいますが。)

物質同士は離れているのに、なんだか繋がったような感じ

それは、元々備わっている感じ取る力、それは脳とかとは別軸のもの と考えてます

 

 

私は結構、他人の考えていることや、何に興味を持つのか、

思考回路の癖、

この人は本当は何がしたいんだろう、と

そんなことを思っているからか

なんとなくその人のことが大体わかってしまいます

 

必要以上に空気を読むというか。

 

だから、本当はこうしなければいけないのだけれど

自分の置かれている立場的にできないからあえてしないけど・・

 

そんな感じで最近は仕事に対してモヤモヤをしていました。

 

 

 

目の前の人が本当に求めていないことをする

それを叶えてあげられないのがとてももどかしい

 

それはあくまでも「ビジネス」なので、仕方がないのですが。

でもなんとかして叶えて上げたいなぁといつも思ったりします。

 

 

たいがい、これをやってうまくいかない(特に人間関係)と理解することも多く

大概実現したりします

嫌な予感は的中、です。

 

 

 

 

 

 

そしてそして、

かくして、自分は?

 

自分自身のことも、ここ数年、よく考えるようになりました。

 

本当に、何をしたいんだっけ?

 

 

真剣に、自分の想いに耳を傾けるようになって

自分が本当に生きている感覚を感じています

 

 

すごく、気持ちいいんだね。

 

あと、目的をもって、こうしたいからこうしよう、と

考えることも楽しいね。

 

 

 

 

 

 

出世したい人は出世が目的。

・・けど本当に出世したい目的は、誰かに認められたい、崇められたいから。

自分に自信が無いから。

誰かに認められないと自分の存在意義が感じられないから。

 

 

 怖いんだね、

人を縛らないと、ルールで雁字搦めにしないと、

その方がエネルギー奪えるからね

 

それは、無意識なんだ

本人だって理解してない

 

・・まぁ、他の人もそんな理解してもらえないかもしれないけれど。

 

 

 

ルールを一方的に決めるのは

ルールを決める人が有利な方法となる

 

ルールを決められた人は

それから外れると必ずうまれる

「罪悪感」

悪くないのに、悪者になってしまう

 

ルールを作った人が正義なのだ

そんなもの、作った者勝ちだよね

 

 

ルールって、本当は違うの

もっとお互いがよりよくなるための決め事だと思うの

 

一方的に決めるルールは「矯正」で

そこからは創造性なんてものは生まれない

 

そんなことは、実は最初からわかってる

 

ルールを作る人は自分が正しくて

それを押し付けたいだけなんだ

 

 

 

というより、人間ってだいたい、

自分が一番正しいと思っているよね

 

それを相手に押し付けるか、思うだけか、

ただそれだけの違いだと思うんだ

 

 

 

 

 

 

相手の感情をぶつけられると、相手のソレが理解出来る

 

それは、私が受け止めたから

 

 

それは言葉じゃない、目に見えないなにか

 

 

 

 

 

 

 

 

役職者って、魅せ方ができている

 

それは、誰かもしくはその本人が、それを望んだ結果論であって

 

それが努力とか、そういうものでもなくて

 

ある意味偶然で、必然で、作られたものだ

 

 

 

 

そうやって世の中は不公平に、はじめからつくられている

 

 

 

 

それを理解しつつ

 

今の自分がどんなことをするのか

 

何を目的に生きていきたいのか

 

それはいつだって、思い続けたい

 

そう、思い続けることが、大事。

 

 

あきらめないことだ

 

 

 

本当はなんだってできるんだからね。