ほにゃブロ。

猫みたいな何かがほにゃほにゃするブログ。

裏切ったのは目の前の相手ではない。私の中の想像(相手)を裏切ったのだ。

世間の皆さんこんばんみ〜。HONYAです。

 

「○○ちゃんに、裏切られた!酷い!!」

 

と、思ったことはありませんか?

私は結構あります。

 

 

「○○なら、△△してくれると、思ったのに!」

「なぜ、△△もしてくれないの!酷い!人で無しのロクデナシっっ!!」

 

それは言い過ぎですが。

 

相手のことを知っていると思うからこそ、

相手と近しい距離にいると思うからこそ、

そんなことを思う確率が上がると思います。

 

なぜなら、

「私の友達である○○なら、△△するはずだ。そうに決まっている。」

という思い込みがあるからです。

その思い込みが、目の前の相手を生み出しています。

 

他人であろうが、仲のいい友達であろうが、

全ては大概「思い込み」「雰囲気」でそれらは形成されています。

だから、相手に驚いたり、憤りまで感じてしまうことがあるときは、

私の想像した通りの相手ではないから、そうなってしまうのです。

私の想像した相手は、私の脳内に存在しており、目の前の相手とは別人でしょう。

 

だからこそ、相手の言動一つ一つのことに、目くじらをたてるのなんて、

時間がもったいないのです

 

まぁ、自分のコンプレックスが解消されていない状態で

相手がそのコンプレックスを刺激されたら、冷静ではいられず

どうしても相手を責める(もしくは自己防衛)行動をしてしまう訳ですが

 

 

だから、身近にいる人に大きな期待をしないこと

期待とは、自分に都合のいい理想像を、相手を押し付けるみたいなことだから

よくも、悪くも。

 

 

 

P.S. Instagram復活しました。

   でも、今までとはなんか違うかも。

   イライラしたAさんの写真を見ても、微笑ましく見えてきた(かも?)