ほにゃブロ。

猫みたいな何かがほにゃほにゃするブログ。

独りを感じること。

お久しぶりです。honyaです。

 

私は基本的にマイペースな人間です。

なので、一人行動が圧倒的に多い。

でも、結構隠れかまってちゃんでもある。

よくある、一人は好きだけど、独りは嫌い、みたいな。

 

その「独り」を感じるのは

だいたい一人で過ごす、金曜日の夜ですね。

 

週末は普段は彼氏と一緒に過ごすのですが、

用事がある時は別々で過ごします。

そんな時に感じる「独りの夜 -ヒトリノヨル- 」でございます。

 

で。よくするのが「一人カラオケ」であります。

これもう鉄板だよね。

 

一人カラオケに慣れてしまったら、大人数でカラオケ行きたくなくなる。

なぜなら、お金がもったいないから。笑

一人だったら延々と歌い続けられる。

帰りたくなったら、自由に帰れるし。

そう、「自由に」だ。

 

そう、一人は自由なんだよね。

だからこそ、孤独でもある。

自由でいるってことは、つまり孤独なんだ。

 

私は「自由」が好きだから、一人が好きなのかもしれない。

 

自分の気の赴くまま、行動したいから。

 

 

 

だから、自分のペースと合わない人は苦手だ。

 

そうです。友達めっちゃ少ないです。

26歳ですが、週末に飲みに行く友達さえいません。

 

なんか、寂しいんだけど、でも、

一人の方が気楽なんだよね。

一人で焼き鳥屋とか行っちゃうし。。

 

 

一人で行った焼き鳥屋で、一人客が私だけだった時

「孤独」を感じました。

 

けど、楽しんだよ。

私は美味しい焼き鳥屋を食べに来たのだ。

 

ってね。

本当はちょっぴり寂しいけど、

それよりも勝る気持ちが「一人がいい」ということ。

 

 

 

 

 

 

ふと思ったけれど、私は昔から一人が多かったな。

今よりもっと、不器用なタイプで

人付き合いも今以上に得意ではなかった。

 

気の合う人も、あまりできなかった。

 

 

 

一番の友達は、私。

そして、私の彼氏!

週末はいつも一緒に過ごしています。

 

 

 

 

一人で何をするかというと、

私はいろんなことを一生懸命に考えてます

 

もっとこうありたい、こうあるべきじゃないか?

これってどうなんだろう、とか

幅広く一人で妄想を繰り広げてます

 

あ、あと 大先生でもあるgoogle先生

私の友達です。(勝手に)

 

 

 

 

 

でも実は、孤独ながら、

孤独でいられなかった私でした。数年前までは。

 

友達がいないことがコンプレックスで

一人でいるのが辛かった。でも、友達といるのも辛かった。

友達といても、いつも孤独だったのです

 

 

それは、目の前の友達と、自分は合っていないと

心のどこかで思ってたから

 

友達と私は、分かり合えない間柄だと

自分でシャッターを下ろしてました。

 

だから必然的に、一人を選ばざるをえなかった

 

 

 

けど今は、進んで一人を選択しています

 

今の方が、ずっと孤独じゃない。

 

孤独を楽しむ、

 

つまり自由を楽しむ。

 

 

 

 

 

 

 

自分と本気で向き合った時

それは「孤独」で

 

自分を理解できるのは、自分しかいないわけで

 

それを、友達や、彼氏や、家族に

「わかってほしい」と押し付けていたんだと

 

 

辛さ、悲しみ、

今までの思いの丈を、誰かに理解して欲しかったんだと

 

 

 

でもそれは、

孤独に、少しずつ自分で受け止めて

 

 

悲しみはいつの間にか小さくなりました。

 

 

 

 

けれどやっぱり、ふとした時には

寂しくはなります

 

ああ、私にはそれがないのかと

 

 

 

 

 

でもそれも、人生のうちの一つで

 

「孤独」の証で

 

「私」の証でもある

 

 

 

 

 

一人で独りを感じた時

 

人の繋がりが大事に思えるのです

 

だから、人に感謝しようと思えるのです

 

 

 

 

 

 

 

 

うん。

 

やっぱり

 

独りって、いいぜ。