ほにゃブロ。

猫みたいな何かがほにゃほにゃするブログ。

同窓会を断ることで見えた目指したい自分「決断」

こんばんは、honyaです。

ここのところ仕事が順調(というか気持ち的にだいぶ余裕がある)でして、しっかり家事ができていて上機嫌です。

 

ところで、今日は同窓会について思ったことを書きたいと思います。

 

みなさん、同窓会に参加したことがあるでしょうか?

 

小学校、中学校、高校、大学、、など同窓会に招かれる機会が訪れることもあるでしょう。

私も何度かお誘いを受けたことがありますが、参加した同窓会は一度だけ、確か20歳の頃です。もう7年ほど前ですね。そしてそれ以来、仲の良いメンバーで集まることはあれど、同窓会は参加してきていません。で、実は最近また同窓会に誘われました。今日はその話です。

 

なぜ日記にしようと思ったのか?

 

それは過去に抱いた同窓会への想いと、今回の同窓会への気持ちが変わったからです。

今まで同窓会に誘われた時は、「あまり仲の良い人も少ないし面倒だな・・」とか、「地元に帰るのが面倒だし、予定が合わない」という感情のみでした。あまり深く考えはしていなかった。

しかし今回なぜか、とても参加するか、しないか。心になにか引っかかってモヤモヤしたのです。

そして、なぜこんなに心に引っかかるのか?考えていました。

 

同窓会に参加したくない理由

・会いたくない人がいるから

・同窓会開催日は、自分は既婚者になるため、特に出会いも求めていない

 

ようは、女性だけの集まりであれば参加してみようかなと思ったのですが、

今回の主催者は男性で、かつ参加メンバーも今後関わりたくない(失敬)と思う方々が多く、

参加するメリットが感じられなかったからです。

もちろんその中には会いたい女性メンバーもいたので、その方々には会いたかったのですが・・本当に会いたいのであればわざわざ同窓会でなくて個別に会えば良いし。

ちょうど結婚もするし、その報告でもしようかなーなんて思いましたが、普段付き合いのない人にいちいち直接言う必要もない。Instagramにでも上げておけばそれで満足だなーと。

 

とか色々悶々と考えておりましたが、、まだしっくりきておらず。

わからない時は助けてgoogle先生

ということで検索してみました。

そこでしっくりくる言葉に出会いました。

 

・その時の過去の自分に会いたくない(思い出したくない)から

・不必要な人間関係を構築したくないから

 

まず一つ目について。

 

同窓会に参加しない人って、都合が悪くて参加しない人と、あとは何か訳ありな(例えば、今の自分に自信がない)人かなと思ってました。だから、当て余らない自分は何なんだろうか?と。

正直、今の自分は自信がないわけではなく、充実して幸せになってきています。なので、同級生に劣等感を感じることはないかなと思っている。それでも参加を拒絶するのは、今の自分が好きだからこそ、過去の自分を知っている人に会いたくない ということです。

というか、その時代の私は本当に病んでいる時で自分のことが嫌いでした。人を傷つけたし、それ以上に自分も傷ついた。嫌いな自分をわざわざ思い出して嫌な気持ちになりたくないんです。

そんな暗い過去より、今と未来を充実させたいから。

 

 

二つ目について。

 

これは、今回の同窓会の件にだけにとどまらず、常に思っていることです。

私はとてもとてもとてもマイペースなので一人でいる方が好きです。そりゃあ寂しい時も正直ありますが、付き合う友達は本当に最小限にしています。

好きな自分でいるには、複数の人(相性が良くない人も混じっているグループ)と関わる必要がないと思っているからです。

 

 

本日の結論はこちら。

 

 

決断「断るものを決めること」

 

 

この言葉を先日聞いた時にビビッと来ました。

 

決断とは、何かを選択するわけではなく

断ることを決めること。

 

 

本当に欲しいもの、思い描く自分や環境を持つために

一つ一つ決断することが必要なんだなと

ほんの小さなことでも

 

そう思いました。