ほにゃブロ。

猫みたいな何かがほにゃほにゃするブログ。

そもそも「結婚」=「幸せ」とは思っていなかった。

こんばんは。HONYAです。

 

昨今、婚活が盛んに行われているようですが、その中でもこんな声もあります。

「結婚」=「幸せ」ではない という。

女性は特にですが、結婚に対する憧れが強い風潮がずっとありました。

その流れも徐々に変わりつつあるような気がします。

 

でも、私から言わせていただくのであれば(なんという上から目線・・)、

そもそも結婚に憧れも何もなく、幸せに対する憧れすらありませんでした。

「幸せになりたい=結婚する」

この図式が私には全く理解できませんでした。

 

過去に書いた記事にもあります。 

honya.hatenablog.jp

 

この記事は、当ブログでは一番のヒット作です。

別にヒットさせたくて書いたわけではありませんが・・、

結果的に一番共感されたのかもしれません。

 

 

私は「結婚」自体にずっと疑問を持っていました。

それは、育ってきた環境が大きいでしょう。

 

いつも両親は喧嘩をしていました。

子どもの頃の私からすると、とにかく仲良くして欲しい、という思いだけでした。

どちらが良くて、どちらが悪いのかもわからなかった。

喧嘩が日常茶飯事すぎて、もちろん家の中のムードは最悪で。

家にいるときに、

「幸せだなぁ」という気持ちがほとんど感じれることなく育ちました。

そもそも幸せっていう概念もよくわからなかったかもしれません。

自分が幸せになる、とかそういうのはどうでもよくて。

とにかく家が落ち着いて欲しいとしか思ってなかった。

お父さん、お母さん、いつだって笑っていて欲しかった。。

 

幼稚園の時の将来の夢。

女の子たちが「お嫁さんになりたい!」と言っているのを聞いて、

全然意味がわかりませんでした。

それの一体何がいいの?

 

 

高校生くらいになったときに、

こんな人と結婚したい!とかそういう話をしていても全然ピンとこなくて、

なんとなく話を合わせるだけ。

自分の将来なんて全然見えなかった。

社会人になって働くんだな、ということしかなかった。

 

 

 

 

社会人になってから、

その価値観は特に変わることはなかった。

けれど、結婚式に関わる仕事をしていた当時、とてもコンプレックスを感じました。

そのときに、「結婚」を強く意識し始めました。

私は結婚する相手がいないことが悲しかった。

結婚できないことではなく・・。

 

 

社会人でブラック企業を辞めて、無職の時、

幸せってなんだろう。

私の幸せってなんだろう。

私は一体、何がしたいんだろう。

そう考えるようになりました。

 

とにかく、目の前のことをがむしゃらにやり遂げてきた。

でも、その未来なんてよく考えてなかった。

希望すらほとんど持ってなかった。

 

お金もなく、食もなく、帰りたい家もなく、

私は一体何者なんだろう・・

 

 

自分を初めて見つめた時。

そこでたどり着いた答えは・・

 

「自分をまずは、愛すること」

「自分を愛せなければ、人は愛せない」

 

 

両親から正しい愛を教わらず、

自分が自分らしくいても良いんだという安心感がなく、

欠乏していたのは「愛」だったんだと気づきました。

 

 

 

そこで、

やっぱり私は人を愛したい。

自分のことをわかってくれるパートナーが欲しい。

そう思うようになりました。

 

 

今まで彼氏はいたけれど、

本気で愛したことはなかったのかもしれません。

自分を必要としてくれるのが嬉しかった、ただそれだけで。

 

 

 

 

 

 

もうしばらく一人でいいや・・と思っていたとき

 

私はある人と再会し、付き合って。

自然な流れで結婚することになりました。

 

 

 

もちろん、結婚できたことは嬉しいけれど、

旦那さんとの日常がとっても幸せで。

 

とにかく私自身が、自分の人生に責任を持とう。

誰のせいにもしない。

そう決めて、やるべきことをちゃんとやって。

社会人としても、人としても。

 

そう意識してから、人生が少しずつ楽しくなってきて。

 

 

 

旦那さんだったから、結婚しようと思った。

結婚したいから旦那さんと付き合った訳ではなくて、

ただこれから一緒に居たいな、と思えたから。

 

 

 

 

 

そもそも結婚に期待も憧れもなかった私。

でも「こうあるべき」「こうあって欲しい」という理想がガチガチではなかったから

すんなりと受け入れられたのかもしれません。

 

 

旦那さんと出会ってなかったら、

30歳までに結婚はしなかったかも。

できたらいいな、くらいの気持ちで。

 

 

 

結婚した今は、幸せです。

 

それは、結婚したからというより、

生きることを楽しもうとしているから。

自分の生活ベースがそれぞれにあったから。

お互いに、自立しているから、かもしれません。

 

 

だから私は「結婚」=「幸せ」とは思いません。

それは結果論なだけであって。

 

自分が幸せだったら、

相手も幸せになれる、はず。