ほにゃブロ。

猫みたいな何かがほにゃほにゃするブログ。

友達の結婚報告についてモヤモヤすること

こんばんは。honyaです。

最近、大学時代のお友達が結婚しました。非常に喜ばしいです。と、素直に祝福したい・・ところですが、そうは思えなかった今日この頃です。それは、なぜか。私はそのお友達に過去、見下された経験があり、かつあまり好きではないからだと思います。

 

「結婚は幸せなもの、祝福するべきもの、祝って当然。」

それがもはや当たり前のこの世の中ですが、私はそのような風潮がニガテです。価値観を押し付けられている感じがして。ただ純粋に、自分の身近な人が幸せそうにしている。それを見て自分も同じく幸せな気持ちになる。そこで自然に「お祝いの気持ちをあげたい」という思いになって、それをカタチにする。それが私からすると「普通」と思います。なぜ、みんな「結婚します!結婚式参加してね!」が当たり前なのでしょうか・・・・。(中にはそう思っていない方もいますが)

 

20そこそこの年齢となり、まわりで婚約した、結婚した、などの報告を聞くようになりました。私は数少ない友達のその報告を、嬉しく思いました。みんな幸せそうに暮らしている。よかったなーと。素直にそう感じました。だから、例えば結婚式に呼ばれたら喜んで参加したいと思っています。

 

ですが、実は、冒頭にあげた大学時代のお友達Aさんに対しては、そう思えなかった。

まず、一番始めに嫌だと感じてしまったのが、某SNSのグループに、「プロポーズされました!」と、ご丁寧に写真付きで報告がありました。そこまでは良かったのですが、そのあとに「結婚式で、是非余興してね♪」と。私は、絶対に余興なんてしたくない!!とその瞬間思いました。自分でもわからず、嫌悪感が拭えなかった。他の高校時代の友達に出席した時は、出し物したほうがいいかな?と率先して思ったくらいなのに。私はそのグループを抜けることにしました。

 

しかし、私は悩みました。

友達の結婚という幸せな報告に対し、私は素直に祝福することができない。罪悪感が湧いていました。

そんな中、その友達Aさんに、結婚式のお誘いが。グループは抜けたけれど、何事もなかったかのように。

誘われたからには、簡単には断れない・・と思った私は、とりあえず招待状だけはいただいて、その後検討し返事をするという選択をとりました。

 

私は、このAさんに対し、昔からモヤモヤしていることがありました。

大勢の人数がいるグループSNSで、誕生日おめでとう!と誰かの誕生日が来るたびにメッセージを全体に送っていました。でも、私の時は、何もありませんでした。

その時に思ったのは、なぜ、自分の気分でおめでとう、と送る人と送らない人を分けるのか。おめでとうと言われた人はいいかもしれないけれど、言われなかった人はどうなのか。なぜそういう気持ちを考えようとしないのか?と、そのAさんに対し不信感がありました。本人は悪気がないのかもしれないけれど。ただ、自分が誕生日を祝って欲しいから、おめでとうと言っているだけなのでは、、と、私はそう思っていました。

 

話は戻りまして、招待状には「欠席」で送付していた後日。Aさんから連絡が来ました。

「HONYAちゃん、結婚式の出席ありがとう!二次会は●●で行います。出席か欠席かこちらに返事ください(URL)」

・・・え?私のはがき見てないの????

私はその瞬間感じました。

「多分、この子は出席する人は、自分を飾り立てる頭数の1人なんだな。」

元々、Aさんは目立ちたがりやなところがありました。それは構わないのですが、今回は、欠席したことに罪悪感があった私に何の感情も抱かず、「出席して当たり前」と思われるメッセージを送って来たことです。

私は、それが彼女へ対して、友達とは言えないと思った瞬間でした。

 

結婚式は、勿論新郎新婦が主役でしょうが、結婚式に参加して当たり前、祝ってもらって当たり前、という意識がこのメッセージに表れていると私は思いました。あと、一人一人をみていない、、と。正直、私はAさんとそこまで親しくないので。。

モヤモヤしながら結婚式に参加するくらいなら、しっかりと断るべきだろうと思っての欠席だったのにな。。むこうはそこまで考えてないんだなーと、思いました。